ドクターズボイス

病院からのお知らせ、診療方針や治療方法、施設や設備の紹介、コラムなど犬猫診療に関する情報です。

SHO手術(Sliding Humor Osteotomy)

SHO手術は、その名前のごとく、上腕骨(Humor)を 骨きり(Osteotomy)して、外側へ滑らせるように移動(Sliding)する手術方法です。

肘関節の疾患は、関節の内側の軟骨がすり減る事によって、歩行時に痛みを感じるようになります。この事により、肘の痛い犬は、頭を上下して少しでも肘に負担がかからないような特徴的な歩き方をするようになります。

このような犬に対して、SHOは、肘の内側にかかる体重の一部を外側に変える事によって肘の痛みから開放する目的で行われます。
骨(上腕骨)を移動する手術である為、効率よく体重の移動が行いその結果、かなり進行した重度な肘関節変形性関節症にも対応可能であります。
骨切り部を移動して直すため骨が再結合するのには約3ヶ月から半年ぐらいかかります。
治療に少し時間がかかりますが、外側に体重が乗せられるようになった犬達は、かなり歩行が改善させられる事ができ、その後安定した歩行が保てています。

写真 6歳 ♀ ラブラドール・レトリバー