ブログ

BLOG

看護師ブログ Part:4 薬浴・マイクロバブルについて

こんにちは!動物看護師の野澤です。

今回は薬浴とマイクロバブルについてお話したいと思います。

まず、薬浴とは薬の成分が入っているシャンプーで皮膚をきれいにする皮膚病の治療の一つです。

シャンプーにもいくつか種類があり、細菌やマラセチアによる皮膚病には抗菌性のあるシャンプーを、フケやべたつきがある子には抗脂漏性のシャンプーを使います。

その子の症状に合ったシャンプーで身体をきれいにした後、続いてマイクロバブルを行います。

マイクロバブルとは毛穴よりも小さな泡のことで、その泡が毛穴や汗腺に入り込むことによってシャンプーや水だけでは落とすことのできない汚れを効果的に除去してくれます!また、マイクロバブルの圧により新陳代謝を促す効果まであります。

擦る必要がないのでただ温かいお湯の中に入っているだけで皮膚にもわんちゃんにもストレスなく行うことができます!

今回薬浴とマイクロバブルをしてくれた子はチワワのサンちゃんです!

 

サンちゃんは腰の毛が脱毛していて、かさぶたになっていました。体毛も全体的にゴワゴワしている状態でした。

薬浴・マイクロバブル前↓

おうちでのシャンプーがなかなか難しいとのことで今回病院で薬浴とマイクロバブルを行うことになりました。

 

まずはじめに、シャンプーをする前にN’s driveスキンクリーニングオイルというものを使って脂や皮膚の汚れを落としていきます。優しく皮膚に擦り込んで汚れを取ったら流していきます。

オイルのヌルヌル感がなくなるまでよく流したら次はシャンプーをしていきます。今回はマラセチア皮膚炎に効能があるマラセブシャンプーを使用しました。

シャンプーは二回行って、表面と皮膚の汚れが取れるようにしっかり泡だてて洗っていきます。十分洗ったらしっかり洗い流します。

 

続いてマイクロバブルを行います!温かいお湯の中にマイクロバブル発生器を設置し、その中で10〜15分間入ってもらいます。

細かい泡が発生して皮膚の脂や汚れがたくさん浮き出てきました!

これだけの皮膚の汚れと脂汚れが取れたので、毛もふわふわになりました!かさぶたの部分もきれいに剥がれて皮膚がきれいな状態になりました。

薬浴・マイクロバブル後↓

見た目もすごくきれいになったのでオーナーさんも喜んでくれました!

しばらくはきれいな状態を保てますが、またしばらく経つと見えない毛穴の汚れや皮脂汚れなどが出てきてしまうので定期的に行うことをオススメします!

皮膚病に悩まされているわんちゃんやオーナーさんもたくさんいるかと思います。お薬だけではなく、薬浴やマイクロバブルなどの皮膚病の治療法もあるのでおうちでシャンプーをするのが難しかったり、違う治療方法を試してみたい場合にはお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

TOP